スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“そのお方”のお話

前々回の記事で登場した“オイラが日拳に飛び込む最後のひと押しをしてくれた人”を紹介しましょう
harada_siga.jpg
我が白虎会が誇る「仁義なき志賀勝」こと H田 初段 御年なんと62歳!

現役です
現役といっても、道場に所属してる とか たまに稽古もしてる って意味ではなく
堂々たる団体戦のメンバーです

本気で強いです
昨年の『龍峰杯』(長い歴史を誇る日拳のメジャー大会)壮年部で準優勝
現役自衛隊をぶん投げて勝利するなど、他の道場からも注目を集める有名選手です

オーラが違います
そういう目で見なくとも、町ですれ違う人皆が感じると思います
恐らく日曜 四条河原町の横断歩道では“モーゼの十戒”よろしく人並みが割れること必至です(笑)

このお方・・・なんと51歳から拳法始められました
本気ぶん殴り系格闘技の中では、比較的競技者年齢の高い日拳ではありますが、初心者で51歳から始める方は まず居ないと思います
私も前に所属していた道場では“40過ぎて始めた初心者”という事から「凄いですね~」「勇気ありますね~」などという言葉でお褒め頂く事がありましたが、H田さんはそういうレッテルを隠れ蓑にする事無く、まさに実力で(日拳の昇段審査は妥協許されぬ勝ち抜きです)登り続けておられます

今年の明け とある流れで“日拳”に興味を持ち、ネットでいくつかの道場を検索し 通える範囲として白虎会に辿りついたものの 日本一の強豪道場に恐れをなし尻込みしていた時 道場生紹介のページで彼の存在を知りました
この人だ! この人が居るこの道場だ!
この人の背中を追ってみよう 何が何でも黒帯とってやる!
「今度見学に行ってもいいですか?」キャプテンにメールを入れたのは、そう思った直後でした

そして2010年3月6日(土)
三度目の道場訪問で、ついにお会いする事ができたのです!
ウチには日拳の世界で全国区の選手がゴロゴロいて、それぞれ相当な存在感を放っているのですが、H田さんは少なくともオイラにとって別次元の輝きを見せ付けてくれました
すぐに駆け寄り自己紹介
「Hさんに憧れて入門しました!」
の言葉に
「イヤイヤ私なんか・・・」
実に謙虚に 且つ気さくで親しげに御挨拶頂きました
いい人や~ん やっぱりチト怖いけど(汗)

その後の“囲み稽古”(未だに名前が分かりません 汗)では、H田さん勝ち残りの瞬間を狙って飛び込みました
遠慮なぞする必要がない と言うか 遠慮してる場合じゃない相手である事は十分承知してたので、果敢に攻め込みましたが懐に入ったとたん上からとんでもない力で抑え込まれ身動きできなくなり完敗
稽古後に「なかなか腰が重くて良いですよ」とお気遣い頂きました

いつか“強いおじいちゃん”の後継者となれるよう精進して参りますので 今後とも御指導宜しく御願いします
押忍
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。